MENU

サラフェを化粧下地に使っても安全な理由。副作用は?

顔汗が出る原因は色々あります。気温が高い時に身体は汗を出して体温を下げようとします。熱いものを食べたときにも同じよな現象で発汗が起きます。その他にも精神的に不安定になったり、ストレスが溜まっていたりで発汗する場合もあり、「あぶら汗」、「冷や汗」といった表現がされます。こうしたことは生理現象なのである程度は仕方のないことですが、人によっては、したたるほどの汗をかくことで仕事の妨げになったり、化粧崩れを起こしたりします。この症状を治すのに大切なのは、肉体、精神のケアですが、そのためには、運動することや食生活を変えていくことが必要になります。それは、時間のかかることであり、またなかなか変えられないものでもあります。そんな中、今すぐ何とかしたいといった時には制汗剤が有効です。

 

サラフェはこのような顔汗で悩んでいる方のための制汗剤です。制汗剤も多く出ていますが、サラフェは顔の汗対策用の制汗ジェルです。ジェル状なので、顔全体に薄く塗り伸ばすことで、肌からの発汗を抑え、女性の場合はメイクの落ちを防ぐことができます。一般的な使い方としては、洗顔、スキンケア後のメイク前に化粧下地として汗の気になるところを中心に薄く塗り伸ばします。その効果は一日は持ちますので、朝、使えば大丈夫ですが、外出先などで汗が気になるような場合はメイクの上から塗ってもその効果を発揮します。

 

サラフェは安全性が高い制汗剤です。その理由のひとつは、合成香料、着色料、石油系界面活性剤、鉱物料、パラベンといった肌に刺激を与える添加物を使用していないことです。また、その主成分は高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛というもので、汗の量を抑えるとともに毛穴を引き締め汗を出にくくする効果があります。この成分はデオドラント製品に多く含まれていますし、化粧水にも含まれています。その毒性は弱く肌に刺激を与えることはないので肌が弱くても安心です。
その他にも、和漢シャクヤクエキスやアロマ成分も含んでいるのでリラックス効果が得られるのと、茶エキスおよびワレモコウエキスによって皮脂を抑え、テカリを防いでくれます。女性に限らず、顔汗が気になる男性はもちろんのこと子供でも使用できますので、その安全性は高いと言えます。

 

非常に安全性の高い制汗剤なので副作用の心配は無いと言えます。そうはいっても、肌に直接塗って使うものなので、初めて使う方は自分の肌に合うかどうか試した上で使用することをお勧めします。