MENU

面倒なメイク直しが必要な顔汗対策

顔汗による化粧崩れやテカリが気になる人も少なくないのではないでしょうか。

 

鼻と鼻の下にかく汗が髭のようになってしまったり、額から汗が吹き出してしまったりして、何度もメイク直しをしたり、ウォータープルーフの化粧品を使ったりして、努力している人も多いかもしれません。

 

顔の汗は、ホルモンバランスの乱れや運動不足からでることが多く、根本的な問題を解決すれば、改善するかもしれません。

 

運動不足などで熱の発生が極端に少ない生活をしていると、汗を分泌することが少なくなり、心臓から離れていて冷えやすい下半身や腕などの汗腺は、休眠状態に入り、動きの多い顔などの汗腺からでる汗の量が増えてしまいます。

 

また女性ホルモンのバランスが乱れることで、自律神経も乱れ、顔汗の原因になることがあります。

 

そのほかにも、ストレスや緊張などで、交感神経の働きが乱れると、発汗作用が不安定になり、暑くもないのに顔汗や脇汗をたくさんかいてしまいます。

 

顔汗はメイク直しなどの面倒さもある上に、不潔な印象を与えてしまいます。

 

そんな気になる顔汗を抑える対策として、半側発汗を利用する、冷やす、制汗剤を使う、リラックスするなどがあります

 

半側発汗とは、身体の一部分を圧迫すると、その周辺の汗が減り、そのかわりに反対側からでる汗が増えるという性質で、胸から5センチほど上を暇などで強く縛って圧迫すると、その間だけ顔汗を減らすことができます。

 

 

また太い血管を集中的に冷やすことで、冷えた血液が体内を巡り体温を下げるため、汗を止めることができます。顔の汗は、首の後ろを冷やすことで抑えることができます。