MENU

デートで彼氏が激辛鍋を選択しても、メイクが崩れないようにするには?

顔汗によるメイク崩れを経験したことがあるという人は多いのではないでしょうか。

 

私もその一人です。

 

とくに夏場はせっかく朝メイクをしても通勤中に汗をかいて会社に着いたときにはすでにメイクが崩れているということも日常茶飯事です。

 

汗には様々な種類があり、暑いときや運動したときや入浴したときなどにかく体温調節のための温熱性発汗もあれば、不安やストレスや緊張などの精神的な作用によってかく精神性発汗もあります。

 

 

そして、辛いものを食べたときなどにかく味覚性発汗というものもあります。額や鼻などから噴き出すようにかく汗です。私も辛いものを食べたときは必ず汗をかいてメイクが崩れてしまうので、なるべく外出先では辛いものを食べないようにしています。

 

 

しかし、デートで彼氏が激辛鍋を選択してしまったときなどは食べないわけにもいきませんし、反対して自分の食べたいメニューを選択してもその場の空気が悪くなってしまい喧嘩の原因となってしまうこともあります。

 

 

ですので、そんなときに備えてメイクが崩れないようにする工夫をするということが大切です。

 

 

メイク方法についてですが、メイクを崩れにくくするためにファンデーションの厚塗りを避けるということがポイントとなります。

 

まずは、スキンケアで肌を整えます。メイクののりを良くするためにはスキンケアも重要になります。洗顔後は肌をなめらかにするために、ピーリング剤やふき取り化粧水やパックなどで古い角質や酸化した皮脂や毛穴の汚れなどをきちんとオフして角質ケアしましょう。

 

 

その後、ブースターを顔になじませて肌を柔らかくします。

 

 

この一手間をスキンケアに加えることでその後に使用する化粧水や美容液の浸透力が格段に高まります。

 

 

化粧水はハンドプレスで二度づけしたりコットンでなじませたりして角質の奥のほうまでうるおいを行き渡らせましょう。美容液は、毛穴を目立たなくさせたりごわつきやざらつきをなくすような効果があるものを使用するとメイクの仕上がりがきれいになります。

 

 

最後に乳液やクリームなどの油分を含むもので仕上げますが、塗りすぎに注意しましょう。

 

 

油分が多いものを塗りすぎるとメイク崩れの原因となってしまうからです。化粧下地は、汗や皮脂を吸着する成分が配合されているものを使用するのがおすすめです。

 

 

ファンデーションは、粒子が細かい薄づきのパウダータイプが良いでしょう。シミやニキビなどはファンデーションでカバーしようとせずに、コンシーラーでカバーすることで厚塗りを避けることができます。

 

 

 

最後にパウダーで仕上げればメイク崩れをしっかりと防ぐことができます。私もこの方法でピンチを乗り切ることができました。