MENU

更年期で顔汗が止まらないときの対処方法は?

女性は更年期になるとさまざまな症状が出てしまうのですが、中でも顔汗に悩んでいる人が多いでしょう。

 

顔汗をかいてしまうとメイクが崩れる原因になってしまいますし、人目も気になってしまうため、その対処方法を知っておくのがおすすめです。

 

更年期障害の症状の一つにホットフラッシュというものがあり、これは季節や気温などに関係なく顔が熱くなったり、大量の汗が出てしまうという症状です。

 

 

のぼせやほてり、大量に汗をかくなどは更年期障害の代表的な症状の一つなのですが、このような症状は時間などに関係なく起きてしまうものです。

 

しかし、緊張やストレスがきっかけで起きてしまうこともありますし、ホットフラッシュが起きた後に急激に体が冷えたり、上半身は熱いのに下半身は冷たいといった症状が出てしまうこともあります。

 

 

なぜこのような症状が出てしまうのかということですが、これは更年期前後に起こる閉経によって卵巣の働きが弱くなり、女性ホルモンの分泌量が急激に減ってしまうことが原因とされています。

 

 

ホットフラッシュは女性ホルモンの減少によって自律神経のバランスが崩れ、血管の拡張や収縮がコントロールできなくなることで起きる症状です。ちなみに、このような症状は更年期を過ぎれば自然と治ることもありますが、中には別の病気が隠れている可能性もあるため、症状が重い場合や長引く場合はドクターに相談した方が良いでしょう。

 

 

顔汗は気にすれば気にするほど止まらなくなってしまうこともあります。顔にたくさん汗をかいてしまうと気になるかもしれませんが、できるだけ気にせずリラックスして過ごすことが大切です。

 

 

体を動かすことが面倒で汗を普段あまりかかないという場合、汗腺は休んでしまいます。すると汗は比較的活発な汗腺がある顔や脇の下から出るようになってしまうため、日ごろから適度な運動を心がけましょう。

 

 

もちろんそれほどハードな運動を行う必要はありませんが、ウォーキングなどの軽い運動を行うことで全身の汗腺をバランスよく機能させることができるのです。

 

 

また、下着は吸水性や速乾性の高いものを選ぶのが良く、タオルやハンカチを常に用意して汗が出たらすぐに拭き取るようにしましょう。

 

 

アロマオイルをタオルやハンカチにつけておくと汗の臭いも緩和できますし、リラックス効果も期待することができます。また、保冷剤も汗に効果的なアイテムであり、顔が熱くなるのを感じたら首の後ろを冷やすと良いでしょう。