MENU

子供の顔汗の原因について

顔汗は特に子供の場合、人一倍かくことが多いです。

 

なぜ、子供の顔汗は多いのかというと、子供は体が小さいので大人に比べると熱がこもりやすいということが原因として考えられます。

 

また、運動量も大人と比べると多いということも関係してきます。それでも、子供によっては、顔汗はそれほど多くないという子供もいますから、ある程度は体質というものが影響していると考えられます。

 

 

特に、新陳代謝が活発な子供は顔汗も他の子と比べても多くなる傾向にあります。また、他の原因としては、顔や頭部に汗腺と呼ばれる汗を出す器官が集中しているという点も大きく関係しているということが考えられます。

 

 

体が小さければその分汗腺も密集しているということになりますから、当然汗の量お大人よりも多くなる傾向にあります。では、こうした子供の顔汗に対してどのような対策ができるのかというと、病気ではないので特別な対策方法というのはありません。

 

中には顔汗が多いということで、市販の制汗剤を使用することもあるかもしれませんが、制汗剤は刺激が強すぎる傾向があるので、肌荒れを起こしてしまう危険性があるので、使用しないよういするとよいでしょう。

 

 

それでもどうしても制汗剤を使用するのであれば、肌荒れの心配のないような無添加のものを使用するようにすると顔汗の対策になります。

 

 

ただし、もし過剰に汗をかくような場合は、どこか身体の器官に異常がある場合がありますから、一度病院で診てもらった方が安心できるでしょう。