MENU

顔汗を止めるための食事内容とは?

顔汗は緊張したり、暑かったりすると出てきてしまい、気にすれば気にするほどあふれ出てきてしまうので仕事中やプライベートにおいて見た目や化粧に影響してしまって困る場面も多いです。

 

顔汗の原因とされるものは主に体温が高い時、ストレスや緊張を感じているとき、水分不足である時の3つに分けられます。

 

 

これらの症状の原因は精神的なものであったり、気温などの外的要因と考えられることも多いですが、日々摂取する食事内容によっても人の体質は変化するものなので、顔汗を止めるためには食事にも気を配ることが大切です。

 

汗が出る原因としては刺激の強い香辛料などを含んだスパイシーな料理や辛い食品をよく食べて体温が上昇することがあげられるのでこれらの食事は控えるように心がけ、代わりに副交感神経を刺激してリラックス効果の得られる食品を摂取することでもかなり汗の出方には変化があります。

 

 

副交感神経を刺激する食事として最も効果的といえるのはイソフラボンを多く含む食材、主に味噌や豆腐といった大豆製品を取り入れることです。

 

 

イソフラボンは女性ホルモンと同様のはたらきをするため体内の副交感神経を優位にして汗を抑えてくれます。またこれからの季節は体温を下げるはたらきをもつトマトやキュウリなどの夏野菜も合わせてサラダなどにしてとると好ましいです。

 

 

 

さらに体内の水分不足も体温調節の不具合から顔汗の原因になるので水分と塩分を適度に取り入れるようにして体内の水分の循環を良くしていくことも求められます。

 

 

そして興奮やストレス症状を抑えるためにはハーブも効果的なので、風味づけやハーブティーなどもこまめにとるように心がけると良いでしょう。"