MENU

ヨガをすると顔汗が増える?!その理由とは

ヨガを始めた方が自分の体の変化で驚かれることの一つとして、顔汗の変化があります。

 

 

軽い運動や体温の変化でも、すごく沢山の汗が出ることが増えます。

 

これは、ヨガの呼吸法による自律神経や、独特の筋肉の動かし方によって体中の血液がスムーズに循環するようになり、皮膚への供給も増加したために起こる発汗と、骨格筋が効率的に運動されることにより、血管内の温度を上昇させ、流れ込んだ温かい血液によって脳の発汗作用が促されるための相乗効果によっておこる現象です。

 

 

あたためられた脳の働きによる発汗は、血漿のミネラルなどの成分を体の中に残した、水分に近い「サラサラの汗」なので、大切な栄養素を失いにくく、老廃物を流してくれる非常に良い汗なのです。

 

もし、顔からサラサラではなく顔からべたべたした汗が出ていて困っているあなたは、おそらく今まで運動不足だったのではないでしょうか。

 

 

顔というのは全身の中でも汗をかきやすい部位であり、運動不足によって弱ってしまった全身の汗腺の代わりに汗が出やすい場所でもあります。

 

 

ですので、ヨガによって出てきたというよりは、今まで汗も出なかった状態から回復の兆しが出てきているということになります。

 

 

異常な発汗については、むしろヨガによる自律神経の安定によって少しづつおさまってくる場合が多いでしょう。

 

どうしても顔汗が気になる場合や、場所では、首筋に保冷剤を仕込んだストールや、脇より下の胴回りを締める「半側発汗」という方法もありますので活用してみましょう。