MENU

顔汗の最終手段といわれる手術とは?

男性であるか女性であるかを問わず、大量にかく顔汗に悩んでいる人は非常に大勢いると言われています。このような辛い症状を引き起こす原因が違えば当然対処の方法も異なってきます。そのため、まずは自分が大量の汗をかく根本的な原因を突き止めることが必要となるでしょう。

 

普段の食事に気をつけたり、運動不足を解消することによって汗腺を鍛えたり、または頸動脈の部分を冷やすことによって体温が上がるのを抑えるといったことなど、いろいろな対処方法があることでしょう。また病院を受診することによって、薬が処方されたりボツリヌス注射が行なわれたりすることもあるでしょう。このような方法を駆使しても、なかなか顔汗が改善されない、また普段の生活に支障が出てしまうほど症状がひどいといった場合、最終手段として手術を考える方もいることでしょう。

 

 

実際、医療機関で最終手段として施される手術は、ETSとも呼ばれる胸腔鏡下交感神経節遮断術です。この手術は、もともと手の多汗症の治療のために用いられていたものでしたが、最近では顔汗の治療のためにも用いられるようになっています。

 

 

顔汗の最終手段ともいわれる胸腔鏡下交感神経節遮断術は、文字通り交感神経を切断してしまおうというものです。一般に知られているように、自律神経には副交感神経と交感神経の二種類があり、そのうち交感神経が発汗を促すとされています。

 

 

この交感神経が過敏に働くようになると大量の発汗が起きるというわけです。そのため、胸腔鏡下交感神経節遮断術で交感神経を遮断することによって、発汗の原因を元から絶ってしまおうというものとなっています。

 

 

この胸腔鏡下交感神経節遮断術自体はそれほど長い時間がかかるわけではなく、なおかつ非常に高い効果を得ることができると言われています。しかし、留意しておかなければならない点は、起こり得る副作用でしょう。

 

 

顔からの発汗は抑えられたとしても汗の量そのものが減るわけではありません。そのため、背中や足、お腹など、顔以外の部分から大量に発汗することになってしまうでしょう。この症状は代償性発汗と呼ばれており、人によっては顔から出る汗に対処するよりも大変だと感じている人もいると報告されています。

 

 

交感神経を一度切断してしまったら、再び元に戻すことはできません。それで、辛い顔汗に悩む方は、是非とも医師とよく相談して、最終手段といわれる手術を受けるかどうかを慎重に考慮することができるでしょう。