MENU

顔汗の原因のひとつには自律神経の乱れが関係している

外気も特別暑くないのに顔汗がでる、また特に激しい運動をしているわけでもないのに顔汗がでる、つまり普通に日常生活を送っているだけで顔汗がでる、そのようになる原因は様々あり、自律神経の乱れが原因であることも大変多いです。

 

 

現代社会はストレス社会ともいわれており、自律神経の乱れは、様々な肉体的ストレスや精神的ストレスが原因となっています。肉体的ストレスとは、睡眠不足や運動不足、パソコンやスマホ、過重労働や不摂生、栄養不足などが原因となり、精神的ストレスは失恋や身近な人の不幸事、環境の変化やプレッシャーなどが原因の例としてあげられます。

 

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経とがありそれらが、正常に切り替えられていると神経を休めることが出来ますが、このバランスが乱れると、常に交感神経だけが働いている状態になり、身体の防衛反応が作動して異常な発汗を発症するのです。

 

 

顔汗もそのひとつです。自律神経が乱れることにより、人それぞれに様々な症状がでてきます。顔汗いがいには、呼吸困難や不眠・目眩・のぼせ等の症状があります。顔汗を止めるにはまず、自律神経を整えることです。

 

 

手段としては、抗うつ剤や自律神経調整薬などの薬による治療院や、自律訓練法といった自己暗示法、ビタミンBの摂取、ツボ押し、軽い体操などがあげられます。

 

 

汗どめジェルで一時的に顔汗を止めることは出来ますが、根本からの改善が必要です。ストレスを溜め過ぎないこと、規則正しい生活を心がけることが日常的に大切です。