MENU

顔汗の様々な原因 冬場も注意

他の部位はそうでもないのに顔にだけたくさん汗をかいてしまうことがあります。いわゆる顔汗の状態で、そしてその症状の個人差は激しく、ひどい方では洗顔して間もないのに顔がベタベタしてテカってしまう状態になり、化粧でも隠せないのでコンプレックスを感じている方は多いようです。

 

顔汗の原因にはいくつかあり、まずは運動不足が挙げられます。人間の体は運動や緊張などで体内が熱くなった時にその熱を放出するために汗をかくのですが、運動不足が続くと体の各部位、特に心臓から離れた場所にある汗腺の機能が低下してしまい、ほんの少しの運動や気温の上昇でそれらの部位よりは常に動くことの多い顔のあたりから集中して汗をかいてしまうのです。

 

 

他には季節の影響もあり、やはり温度が高くなる夏はどうしても汗をかいてしまうものですが、意外なことに冬場に顔汗の症状で悩んでしまう方も多いのです。

 

 

これは外の気温と電車や施設内の温度差があまりにも激しいからで、冬場は特に厚着になりますからそのままの状態で室内で過ごすとすぐに汗ばんでしまうのです。

 

 

そして女性に関してはホルモンバランスの変調や更年期障害で自律神経が失調して汗をたくさんかいてしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

もちろん男女関係なく何らかの理由で身体機能に失調が発生して異常に汗をかいてしまうことがあり、全身からも顔からも滝のように汗をかいてしまう全身多汗症もあります。

 

 

 

体の機能の失調によるものはなかなか自然治癒はしないので治すには病院に行く必要があります。

 

 

顔汗を止めるジェルやクリーム

顔汗を沢山かいてしまい止めたいどうにかしたいと思っている人も多いと思います。

 

 

なぜ顔汗をかいてしまうのだろう、と言う事で原因とされている事を書いてみました。

 

精神性発刊、自立神経の乱れ、運動不足、食事の影響、病気の影響などがあります。

 

精神性発刊とは冷や汗の事です。強いストレスや緊張などで自律神経が乱れ汗腺が刺激され、気温とは関係なく汗をかいてしまうのです。
その自律神経とは、体のバランスを整え生きるための活動を支えてくれているものです。

 

それが乱れると正常な状態がコントロール出来なくなり、急激に顔汗など出てしまうのです。

 

運動不足が原因なのは、普段運動していないと汗をかくことが少なく機能が衰えてしまうのです。心臓から遠い手足などは冷えきっていて汗腺の多い顔や頭から汗をかくことによって、体温調節をしなくてはならない状態になるのです。

 

食事は辛い物を食べると顔から汗が噴き出したりします。

 

 

病気の影響であればやはり専門の病院で相談するのがおすすめです。

 

 

病気の影響でなければ、汗を止めるのにクリームタイプの汗止めクリームがあります。

 

 

精神を落ち着かせてくれるアロマが含まれていたり、バランスを整えてくれる成分が配合されていたり、無理やり顔汗を止めるのではなく、自然な原料を使って心や体を安らかにしてくれるのです。

 

クリームを塗ることで自律神経も落ち着き体の機能も正常になり、急なストレスや緊張も自然と和らげてくれる効果があります。
香りに癒されると心も満ち足りた気分になります。

 

顔汗を止めたい!と悩んでいましたら1度顔汗クリームを試してみるのも良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"