MENU

芸者の高帯で顔汗を止められる理由とは?

暑い季節に汗をかかないでいるのは難しいですが、顔の汗を止めたいときがありますね。

 

 

汗症だから、汗かきだから無理だと思われている方も多いと思いますが顔汗を止める方法が
あることはご存知でしょうか?

 

お着物を着ている人が涼しげに見えるときはありませんか。

 

 

特に芸者さんや舞子さんなどがお着物を着ているのに汗をかいてなくて、暑くないのかしらと
不思議に思ったことはないでしょうか。

 

 

芸者さんや舞子さんが顔汗をかかないのにはわけがあります。

 

芸者の高帯と言って汗止めの方法があるのです。

 

 

お着物を着るときには、帯を締めますが胸の高さに締めることで汗腺を圧迫するのです。

 

 

すると顔の汗がかきにくいそうで、モデルや女優の方でもしている方がいらっしゃると言います。

 

 

これは、「半側発汗」(はんそくはっかん)という方法で右側の汗腺を圧迫すると、左側の汗が
止まるという方法です。

 

 

芸者さんの場合は帯を締めるので、両方の脇の下が圧迫されていることになります。ただ、この汗止めは顔汗を止めるのであって全身の汗を止めるわけではありません。

 

お顔は汗をかいていないので涼しげに見えますが、背中などは汗をかいているそうです。

 

 

では、一般に生活をしている私たちはこの方法をどのように取り入れたらよいのでしょう。

 

男性の方には申し訳ないのですが女性の方にはブラを利用して汗を止める方法が有効だと思い
ます。

 

 

ブラのベルト部分が細いものだとくいこんだようになってしまい、段差ができてしまいますので少し太めのものを選ぶのがおすすめです。また吸湿性の高いものの方が汗を吸うので、お肌にもやさしいと言えます。

 

 

顔汗でメイク崩れなどが気になる方は、お試しください。

 

 

男性の方は、時々左右両方の腋の下をグッと押さえていただくといいのではないかと思います。

 

いろいろな方法を試したけれど、どの方法を試しても顔汗が止まらなかったという方もいらっしゃるかもしれません。

 

身体を締めつけることが窮屈だったり、暑い季節には抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。

 

 

普段から汗をかいておくと顔の汗の量が減るといわれていますので、日ごろから身体を動かして汗をかいたり、サウナやお風呂で汗を出すようにしておくといいようです。

 

 

なかなか習慣づけられない方におすすめなのは、お顔にも使える制汗ジェルというものも出ている
ようです。

 

 

お化粧崩れの救世主とも言われていますので、何とかしたいと思っている方にはおすすめです。